シープスキン

UGGブーツ&ミネトンカモカシンブーツ

HOME > シープスキン

シープスキン

シープスキン

UGGブーツ等に使われる、シープスキンは、しなやかさ、軽さ、暖かさを兼ね備えた理想的な羊皮素材です。
シボと呼ばれる表面の美しいこじわが特徴で、肌ざわりが抜群に良く、さまざまな表面仕上げが可能で、アイテムも豊富です。
シープスキンブーツといえば、やはりオーストラリアが有名で、オーストラリアでは1930年代から主に農夫達愛用されてきましたが、近年になり多くのセレブたちがはき始めたのがキッカケで世界中に広まり、日本でも人気になりました。
なんと言ってもシープスキンブーツは軽く、暖かいのが特徴です。

表面仕上げ

シープスキン

■スムース仕上げ
自然の風合いをそのまま生かした艶やかな仕上げ方法。ラム(小羊の皮)の場合、きめ細かさやしっとりした感触といった、本来の特徴がよく出ていて、高級感がある。

■ヌバック仕上げ
表革の表面を、サンドペーパーを使って起毛させたもの。裏革を起毛させたスェードに比べ毛足が短く、ソフトでベルベットのような仕上りになる。

■スウェード仕上げ
革の裏面を細かく起毛し、ケバ立たせたもの。毛足が長く見た目にも、また実際の手触りもソフトで、表革とは違った柔らかな雰囲気に根強い人気がある。

シープスキンブーツ

シープスキンブーツ

シープスキンブーツはシープという名前の通りに羊の毛を利用したブーツのことです。
オーストラリアではUGGブーツといい、しなやかで軽く、そして暖かいというのがシープスキンブーツの特徴ですが、肌触りがとても良く表面仕上げを好みで選べるという利点があります。
シープスキンブーツは柔らかく足を包み込んでくれるので、心地良さは抜群ですし疲れさせないので、いつでもどこにでも履いて行きたくなる一足がシープスキンブーツです。
寒い季節が来ると自然と厚着になりますが、冷えやすい足元をしっかりポカポカにしてくれます。
寒い場所で生活をしている人には特にシープスキンブーツはお勧めです。
シープスキンブーツはカリフォルニアで人気を集め、多くのセレブも注目しファッション雑誌にも何度も登場するようになりました。
通気性が良く足が蒸れてしまうことがないのも、シープスキンブーツのメリットと言えます。

シープスキンブーツの選び方へ

PageTop




HOME - UGG - Minnetonka - お手入れ - シープスキン