お手入れ

UGGブーツ&ミネトンカモカシンブーツ

HOME > お手入れ

UGGブーツ・Minnetonkaブーツのお手入れ

UGGやMinnetonkaなどのムートンブーツは、一体どうお手入れしたらいいのかと迷われる方も多いかと思います。
高価なムートンブーツを買っても、シミを作ってしまっては台無しです。
柔らかく長い起毛はくせもので、間に汚れが入り込んだり、毛が寝てべたっとしたりとしてしまいます。
水にも弱く、雨で雨ジミが残ったり、乾いても革が硬くなったり保管中のカビなどのトラブルも多く、色落ちや色のくすみ、日焼けによる変色なども心配です。
同時に内側の羊毛も表から見える部分の薄汚れや、中のほうの汚れが気になります。
安心してできるシンプルなお手入れ方法をご紹介します。

UGGブーツ・ミネトンカブーツのお手入れ

汚れについて

シープスキンブーツを乾燥させた後でこまめに汚れを落します。
この時に汚れを強くこすってしまうと汚れが革に浸み込んでいく事があるので気をつけましょう。
コーヒー、紅茶などをこぼした時は、その時点で濡れタオルなどで拭き取っておきましょう。
雨などでシープスキンを濡らした時は、すぐに詰め物などを入れて型崩れしないようにして陰干しにしておきます。
革の中まで水分で濡れてしまった場合、乾燥すると革が硬くなってしまうので、完全に乾いた後で保革クリームを軽くすり込んでおきましょう。
汚れがひどい時は、シープスキン用クリーニング洗剤などを使ってクリーニングすることもあると思います、クリーニング用洗剤の使い方は、それぞれの洗剤の使用方法に従って使わないと、かえってひどくなってしまうので気をつけてください。

UGGブーツ・ミネトンカブーツのお手入れ

常の手入れについて

常のお手入れ方法は、まず、表地がスエードなので、靴が新しいうちに水や汚れを防ぐスプレーなどをかけることです。
そして履くうちに汚れが目立ってきたら、スエードの表面を専用のスポンジブラシで軽くなでる程度に汚れを落とし、毛並みを整えます。
その後、専用のスプレー状栄養クリームを表面全体に吹きかけます。
防水スプレーをかけ続けると、皮革の油分が減って劣化の原因となるので、かけすぎには注意してください。
シープスキンブーツの表側については、スェード専用のブラシで毛並みを揃えるようにブラッシングしますが、やりすぎると毛が抜けてしまうのでほどほどにしてください。
内側については、柔らかい素材で作られたブラシで軽くホコリや汚れを払うようにしながら、毛並みを揃えてください。

UGGブーツ・Minnetonkaのお手入れ

PageTop




HOME - UGG - Minnetonka - お手入れ - シープスキン